おしゃれになる情報サイト|ダサいあなたでもおしゃれになれますよ!《www.diracles.com 》

服の買い方

 

ショッピングにいくと、おしゃれな服がいっぱいあってどこから手をつければいいのか迷ってしまうことがあります。1枚1枚チェックして調べるには時間がかかりすぎますからね。できるだけ効率よくお目当ての服を買いたいです。そんな時は、自分が今欲しいモノに絞ることがポイントです!

 

私の場合、まず1番最初にチェックするのは服のカラーです。お店の中を見て、自分が今欲しくない色の服は見向きもしません。。まずこれだけで、自分のお目当ての服を絞ることができます。親切なショップの場合は、服の色ごとに整理されているので分かりやすいです。

 

2番目にチェックするのは服の素材です。これも私の場合ですが、好みでない光沢感がある服や、よくわからない薄っぺらい服、着心地がよくなさそうな素材・・・それらはもちろん手にすることありません。自分の好みの素材だけを選んで探します。

 

これだけでも、目的の服を絞ることができるようになります。そして数着服を選んだら試着をします。お店によっては数着ができないところもあるかもしれませんが、可能ならば絶対に試着をしてから服を購入しましょう。例えばサイズがMでも、その服によっては小さめのMの場合があるからです。家に帰ってから試着をしてサイズが合わなかったら後悔するだけですからね。

 

美容や健康に良いと聞いて、グリーンスムージーを飲み始めました。

 

最初の頃は、果物や野菜を適当にミキサーに入れて、自己流で作っていました。

 

このままでいいのかな?と疑問に思い、グリーンスムージーの本を買ってみたら、目からウロコ。

 

私の作り方は色々と間違いだらけでした。

 

 

 

私が購入したのは、「からだの中から若返るグリーンスムージー健康法」という本です。

 

組み合わせる野菜や果物の相性や、下ごしらえの方法、入れる量など、スムージーの基本がきちんと書かれていて、これを身につけると自分で応用ができます。

 

また、効能別のレシピが多く載っていて、自分に合ったスムージーを作ることができます。

 

グリーンスムージーに適さない野菜も書かれているのも、参考になりました。

 

医学的な見地からスムージーの有効性が書かれているのも面白かったです。

 

 

 

何も考えずに「野菜を摂れば健康になれる」と思っていましたが、反省しました。

 

自己流で作ったのはただのジュースでしたが、レシピを参考に作ると立派な健康飲料になりました。

 

初心者の人や、自己流で迷いながら作っている人におすすめです。

 

 

 

考えながら自分で作るのが面倒、という人は市販のグリーンスムージーを購入するのも良いと思います。

 

栄養バランスを考えて作られているので、自己流のものよりも効果が期待できます。

先日、新聞を見ると、その地元の中学生が、自分たちが使っている駅の清掃を、したという記事を見ることができました。

 

その駅は、その地元のほとんどの中学生が、そこを利用しているということだったのです。

 

そして、とてもきれいに掃除をしている姿がのっていました。

 

そのように地元の駅を掃除をすることは、とても感心することだと思っています。

 

そのことを思いついたのも、ある中学生アイデアだったと書かれてありました。

 

そのように、自分たちが住んでいる町について、きれいになって欲しいという気持ちが込められていると思ったことでした。

 

そしてsの中学生たちが、その町に残ってくれて、街が賑やかになることができるようにと、心から願っています。

グリーンスムージー・ミネラル酵素グリーンスムージーなどの各種スムージーを習慣として飲むときに気をつけなければならないのは、スムージーだけに頼り過ぎた食生活をしないということです。

 

スムージーは栄養価の高い食材を混ぜ合わせて作りますから、1杯飲んだだけでも十分な栄養を摂取できます。しかし、だからといってスムージーばかりに頼っていたのではカロリーが足りないためエネルギー不足になってしまいますし、食事の楽しみも損なわれてしまいます。

 

スムージーは手早く作れるので忙しければ忙しい人ほど頼りがちになる傾向がありますが、ほどほどにしておかないと逆に健康的とは言えなくなってしまいます。

 

やはり食事というのはあくまでご飯やパンを中心に主食をしっかりととることで役目を果たします。ですから、スムージーはあくまでサブ的な扱いであり、メインの扱いにしてしまうことは、食生活が乱れていることになりかねず、体調管理が上手くできないケースも起こり得ます。

 

ですから、スムージーは多くても1日1回くらいで、食事のサポートをする感覚でとらえていくのが正しいと私は思います。ですので、スムージーだけに食生活を頼るのは、あまりオススメできないのです。

昨日の夕方に、スーパーに行ってお金を使いすぎてしまったと反省していました。いつも大体予算を決めてスーパーに行くのですが、昨日は
予算を500円ほどオーバーしてしまったのでした。それは果物のさくらんぼを買ったからでした。
私は果物が好きなので、つい高くても買ってしまうことがあるのです。なので今日の夕方はスーパーに行っても昨日の分、安く買い物をしないと
いけないなと意識してスーパーに行きました。結局おかずはそれなりに質素になってしまいました。
そんなときに役に立ってくれるのが、野菜のもやしなんです。肉とあわせて炒めて買い置きしてあった調味料で味を付けたら
結構美味しいと息子は喜んでくれていました。それとオムレツを作りました。今日は簡単な夕飯でした。

1年に1度ではなく、半年に1度バッグを新調する

1回の季節の中で、バッグを新調する時期・・・私の場合は夏から秋にかけてその頃に毎年バッグを買い換えています。この時期は流行が変わる時期と言うのもありますが、やはりポイントは素材やカラーが一気に変わる時なんです。この時期に自分好みのバッグを手に入れるのがおすすめですよ!

 

春から夏の服装は、コットンやリネンの素材が良いですね。そしてこの時期はいちばん肌の露出が増えるので、それを考慮したファッションを考えなくてはなりません。もしかしたら服のメインカラーも、ブラックではなくベージュやカーキ、もしかしたら白かもしれません。こんな軽やかなコーディネートには、カゴバッグはいうまでもなく、レザーならスウェードが似合いますね。バッグのカラーは、ブラックよりもキャメルやブラウンいいですよ。

 

冬は服の素材はもちろん温かみを増します。カシミアのウールのような感じ、そして肌は見えてもほんの少しだけというのがポイントです。流行だからといって、同じバックをずっと使い続けるよりも、できるだけこういった季節の変わり目でバッグを新調するのがいいですよ。意外とこれはおしゃれにとってとても大切なことなのでです^^

 

コタツがおしゃれ

昨日はつけ麺を食べに行きました。
いきつけのお店で、いつもの味を堪能しました。
久しぶりだったので、体に染み渡りましたね!!
猫舌な私なので、暑いスープに浸かったラーメンは、食べにくくてしょうがないのですが、
つけ麺ですと、「あつもりで」と言わない限り、ひやもりで出てきます。
暑いスープに麺をくぐらせたとしても、適温で食べられるというわけです。
昨日は唐揚げもつけて、豪華に食べてしまいました。
給料が入ったばかりだったので、ちょっと贅沢しちゃいましたね。
幸せな気分でした。
友達と食べに行ったのですが、その後ちょっとドライブして帰宅しました。
運転があまり上手でない友達だったので、ハラハラしましたが、無事に帰宅しましたよ!!

冬から春、夏から秋、この時期に最も活躍できるアイテムといえば、カーディガンですよね。ウエストくらいまでの丈で、袖は絶対に長袖です。(やっぱり紫外線対策は絶対ですからね!)カラーは、淡いブルーや淡いピンク、キャメルやベージュなどを含んだグレーなど、いろいろな組み合わせが考えられるので、色々なカラーのカーディガン持っているととても重宝します。

 

そしてボタンは大きすぎず小さすぎず、薄手のウール100%だったらなおさら良いですよね。私の場合なぜここまで素材やデザインを意識しているのかというと、カーディガンはただ着るのではなくて、小物としても利用できるからです。Tシャツの上にきっちりと重ねて着るのはもちろんですが、上につのボタンを開けて素肌の上にカットソーのように着こなしたり、シャツの方にかけてストール代わりにもできます。またはワンピースのウエスト部分に泣いて、ベルト代わりにも使ったりできるんですよね。

 

昼間はまだ暑さが残って、夜になると肌寒くなることが多いですよね。この時期にはもってこいです。温度の差を埋めてくれるだけではなく、シンプルな着こなしにスペシャルな味を加えてくれる、小物としてもとても役立ってくれるのが、カーディガンなんです♪

顔が明るく見えると、周りからはハッピーに見えて、そしてその幸せのオーラは、周りにいる人たちにも大きな影響を与えることができます。もちろん自分自身も明るい気持ちなることができ、自分自身も大きな幸せをもらえることになるでしょう。例えば、顔の周りの白色。黒のニットからのぞかせた、端正なコットンの白色。グレーのジャケットのデコルテを飾った、バロックパールの白色。たとえこのくらい少量でも、肌色のワントーンを明るく見せることができて、幸福感をすごくアップしてくれるのです。

 

コーラルピンクのチークを、しっかりと塗り続けるよりも、実際はそれ以上の効果だったりするんですよ。これを私はレフ版効果だと思っています。例えば、芸能人やモデルの撮影の時は、白の布や紙を顔の周りに配置するんです。そうすると、顔の毛穴や細かいシミやシワなど汚い部分が目立たなくなるんです。しかも顔色がぐーんと明るく見えるんです。周りに白色。驚くほど違いが出ますから、是非効果的に利用してみてくださいね。これを知っておくだけでも損は無いですよ!!

 

気持ちは幸福に、過ごしていくことがおしゃれなファッションに持ち上がっています。まず、自分を明るく見せることを学ぶことが大切です。

二の腕と膝・・・この部分の印象で、その人のオシャレ度はかなり大きく左右されているのです。ふくらはぎの太さや、ウェストラインなんかよりもずっと重要な部分です。だからこそ、肉付き方やライン等をよく観察しておきましょう。そしてもちろん隠す場合と、見せる場合との服装を実際に着比べてみて、自分のやり方を見つけてください。

 

私の場合は
長い間スカートが嫌いな時期がありました。どんなに可愛いデザインがあったとしても、どんなに好みな素材のスカートだったとしても、どうしてもしっくりこない・・・外出する時、コーディネートして出かけてショーウインドーなどに映る自分の姿を見て、「やっぱり履いてこなければよかった・・・」といつも後悔することが多かったのです。

 

もともと筋肉質で、さらに学生時代に陸上部をやっていたせいもあって、腹かふくらはぎ付近にボリュームがあるのが原因かな・・・と思っていたのですが、ある時気づきました。それはふくらはぎが原因ではなくて、膝が原因だったのです。日本人特有の丸い膝、そこに30代半ばを過ぎてからの贅沢がのり、どこかもっさりした印象になってしまっているのです。ミラノの女性のようなベーシックで格好良いスタイリングが好きなんだけど、この丸い膝のおかげで全身のイメージが、まったくそうなりません。そこで膝を完全に隠してみたら、なかなかうまくいきました。

 

二の腕も同じです。二の腕のぽっちゃりは、おしゃれの大敵です。出すときは方が半分、もしくは全部出るくらいのスリーブを選ぶようになりました。アメリカンスリーブのタンクトップやベアトップなど。二の腕を出すときにはチャームポイントの方とセットで出すことにしました。二の腕の半分ぐらいまでの半袖を着るくらいなら、夏でも長袖のシャツや七分袖のカットソーを選ぶようになったんです。

何度も通っているお店に、顔をしてもらった店員さんがいる場合は良いのですが、なかなか難しいのが店員さんとの付き合い方です。特に、服などを買おうか買わないとこか迷っている時の試着した後の、間のとり方や会話の仕方です。。。

 

試着室のドアを閉めて、パンツをはいてみます。前から見る分には良いような気もするんだけど、サイドのシルエットが少しどうなのかなぁ〜?とか。自分の靴ではなくて、例えばもう少しヒールの高いパンプスと合わせてみたい。そう伝えて、お店のパンプスをはいてみて、もう一度自分の姿を確認したけれど、やっぱり何か違うんだよな〜お直しとかの問題でもなさそうだし。はっきりとした理由はわからないのだけど、何かが違うんですよね・・・

 

こんな時の断り方って、本当に難しいですよね。サイズだって大体合っているし、見た目もそこそこにあっているんだから、店員さんはもしかして言葉を尽くして褒めてくるかもしれないですからね。パンプスも借りて試着しちゃったし、買わなくて断りづらいよな・・・と思ってしまうのも当然です。だからこそ「違うな!」と思ったときには、その瞬間に口にすることです。間が開いてしまうと断りづらくなってしまいますからね。ですから思った瞬間に、言葉に出してはっきりとキャンセルすることが大切です。

 

そしてできれば「また来ますね!」と付け加えると、それだけで店員さんも気持ちが違います。そしてこのコミュニケーションのあり方が次につながってきます。